« 化学の目で見る身の回りの毒と薬 | トップページ | 1月の大会等備忘録 »

忘年碁会二題

 今年は碁友からのお誘いで二回、忘年碁会に参加しました。
 最初はエストレラでの中條ちひろ先生を囲んで、ちひろ教室の忘年会。ペア碁や連碁と円田先生の料理で楽しみました。初めてペア碁をした時は一人だけ二桁級で周りは有段者ばかりだったので、意図が理解できずにちんぷんかんぷんでしたが、今回は相方や相手の考えを理解した(つもり?)上で、自分なりの着手ができたと思います。それぞれの碁の検討をちひろ先生も加わってしたので、考え方の勉強にもなりました。
 二つ目はmixiつながりでお誘いいただいて、雅での忘年碁会。九子、四子での白番を打ちました。いつも上手の方に打たれている碁を思い起こしながら打ちましたが、なかなか難しい。対局後に席主の林先生から色々アドバイスをいただきました。二子の黒番も打ちましたが、こちらは指運が良かったのか、ちょっとだけ勝てました。対局後は近所の居酒屋で打ち上げ。皆さん、熱い方ばかりです。終電前まで囲碁談義に花が咲きました。
 生碁はこれで打ち納め、新年は5日の支部会からです。それまではパンダで腕を磨くか。

|

« 化学の目で見る身の回りの毒と薬 | トップページ | 1月の大会等備忘録 »

囲碁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523120/58849063

この記事へのトラックバック一覧です: 忘年碁会二題:

« 化学の目で見る身の回りの毒と薬 | トップページ | 1月の大会等備忘録 »