« 第6回宝酒造杯総括 | トップページ | 忘年碁会二題 »

化学の目で見る身の回りの毒と薬

 この土日は徳島大学日亜会館の徳島学習センターで行われた面接授業へ行ってきました。昨年に続いて、客員教授の本仲先生の授業を取りました。
 毒とはなにか、薬とはなにかから始まり、その歴史、作用など幅広く学びました。年明けまでにレポート一本書かなきゃ。
 土曜の夜にパラッと来たものの、おおむねよい天気だったのですが、風が強くて寒かった~。風邪気味の体にはきつかったです。で、教室は暖かだったので、意識が何度も、、、

 夜はホテルですだち酎をお湯割りでちびちびやりながら、パンダネットの月例大会に参加しましたが、2勝5敗のボロボロ。昨年の日記を読み返してみると、同じことをしてましたw 駅からは離れたところにある宿ですが、その分静かですごしやすいし、夕朝食が安価なバイキングでお腹一杯食べられるのが魅力です。

|

« 第6回宝酒造杯総括 | トップページ | 忘年碁会二題 »

放送大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523120/58803090

この記事へのトラックバック一覧です: 化学の目で見る身の回りの毒と薬:

« 第6回宝酒造杯総括 | トップページ | 忘年碁会二題 »