« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

カンキツ学入門と玉津島神社

 この土日は和歌山学習センターの面接授業を受けてきました。和歌山大学の松下会館で、駅からはちょっと遠い。

Matsushitakaikan

 講師は近大の仁藤先生で、みかん大好きが昂じて車も、、、

Mikancar

 ちょっと見えにくいですが、屋根の上のアンテナは緑色ですwww

 初日は学習センターでの座学で、果樹園芸学の概説から、柑橘類については原産地と伝播、分類と学名、品種と品種改良等々をたっぷり学ばせていただきました。

 放送授業で「和歌の心と情景」を取っているのですが、放送で京都の新玉津嶋神社について触れられていたので、その元となった和歌浦の玉津島神社に初日の講義後に寄ってみました。和歌三神の一柱、衣通姫(そとおりひめ)が祀られています。和歌山まで行くのは大変やんと、藤原俊成が京都に分祠したそうです。18時前頃に着いたのですが、辺りは真っ暗。な~んも見えん。

Imgp0167

 次の機会を待つことに、、、

 二日目は湯浅町の近大農場での実習でした。
 マンゴーの接木の様子

Imgp0170

実から育てた台木(実生台)に穂木を接いで↑、一体化させます↓。

Tsugiki1

 柑橘類の台木はカラタチが主に使われているそうです。

Imgp0176

 下の太いのがカラタチの台木で上がミカン。台木の力が強すぎると、カラタチも生えてきてしまうそうです。

 午前は農場内の柑橘類を色々と見させていただきました。

Imgp0181

 斑入り温州(ふいりうんしゅう) 表面は斑入りでまだらですが、味はいい。

 レモン、ネーブル、三宝柑、キンカン、紀州ミカン(紀伊国屋文左衛門で有名なやつですね。)に赤ん坊の頭ほどもある文旦とありとあらゆる品種のオンパレードでした。食用に適さないものもたくさんありましたが。完熟した黄色いスダチを食べましたが、やっぱり酸っぱいです。(>o<)

 午後からは温州みかんの摘果と選別の実習でした。摘果の途中で指導員の方から、「皆さん、今日は暖かくてのどが渇きますね。目の前に水分とビタミンCの塊がありますね。私は向こうを向いていますから。」と温かいお言葉が。

Imgp0185

お土産にと自分たちで摘んだミカンをいただきました。\(^o^)/

Mikan

左から、紀州、柚子、温州です。温州は袋いっぱいいただきました。

 こういうフィールドワークのある授業は、より一層理解が深まり、いいですね。来期以降も色々と探して、出かけてみようかと思います。

 予定より早めに学習センターへ戻ったので、また、玉津島神社へ向かいました。明るいうちに着いたので、よく見ることができました。

Torii

Matsu

Imgp0191

Imgp0192

 懐かしの犬養孝先生揮毫の万葉歌碑がありました。

 それにしても、今回はよく歩きました。10kmは軽く超えているかも。普段は家と仕事場の往復だけなんで、自分にとっては長距離です。(;´Д`A ```

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゲーテにおける詩・自然・科学 後編

 今日は変則日程の2日目でした。イタリア紀行から色彩論、ヴァイマル古典主義、ミニヨン、オティーリエ、西東詩集の触りまで駆け足で飛ばしました。案の定、ファウストまでは到達できず、次の機会にとのことでした。しっかりやれば、ファウストだけで二日間飛んじゃいますよねぇw ほとんど名前だけしか知らなかったゲーテについて、少しは理解できたので授業を取ってよかったと思います。まぁ、なんとか、ウェルテルは読むとして、ヴィルヘルム・マイスターや親和力、ファウストに辿り着けるだろうか。
 再来週は和歌山で「カンキツ学入門」です。近大農場にも行くようなので、楽しそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝酒造杯広島大会 2013

 2日の面接授業の後、一旦帰宅して大阪駅のバスターミナルへ、今年初開催の宝酒造杯広島大会に参加するべく出かけました。審判長が武宮先生なので、これは行くしかないだろう。
 JRバスの3列シートだったけど狭い!トイレに行くのに隣の人をまたがなきゃいけないって、配列おかしいだろ。うとうととしかできませんでした。広島駅に着いたのが、6時。すき屋で朝ごはんを食べて、喫茶店で一服と思ったら、まだ開いてない(^^; 7時になって、ようやく座って落ち着いて(´ー`)y-~~ 先乗りしていた友人から「今どこ?」メールが来て合流。グランヴィア広島へ向かいました。会場が宴会場で広い!天井にはシャンデリア!会議場とはまた違う豪勢な雰囲気でした。他の知り合いの人たちとも会い、開会までだべってました。
 えぇと、結果は初戦に敗れて負け組に入って、3勝2敗でなんとか勝ち越し。今年の宝酒造杯は5戦とも勝ち越しで終えることができました。4月の京都まで、まだ時間があるので、上のクラスに上げるか、このままで行くか、もう少し考えて見ます。
 大会後はgoxiの皆さんと市内の居酒屋で打ち上げ。広島はもちろん、熊本、神奈川から来られた方もw 楽しいお酒でした。
beer
 4日がお仕事だったので、帰りも夜行バスに。JRバスが取れなかったので値段は張るけど、ウィラーの3列にしたら、こちらは快適でした。トイレ付きじゃないので、2回ほどSAで休憩があり、外で腰を伸ばして一服もできたし、走行中は快眠でした。難点を言えば、到着がスカイビルなんでちょっと遠いってところですか。
 今年の宝酒造杯も地方大会がすべて終了し、後は全国大会(今年は京都)を残すのみとなりました。今年も代表は取れませんでしたが、抽選の指導碁に一縷の望みを託しましょう。しかし、ほんとに宝酒造杯は楽しいですね。来年も各地を回って参加したいもんです。

 普通の大会と変わらない料金で、お弁当に参加賞も付いて、ホットコーヒーは飲み放題、試飲もできて、詰め碁クイズには焼酎ハイボールが付いてくる。一日中、真剣に碁が打てて、入賞者には豪華賞品!よっ!宝酒造、太っ腹!!

 審判長の武宮正樹九段にサインをいただきました。こんなこともあろうかと先生の本を持って行ってましたw 友人も写真を撮らせてもらったり握手をしてもらったりで気さくな先生でした。

Yushin

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゲーテにおける詩・自然・科学 前編

 今日は大阪学習センターでの面接授業に行ってきました。講師は学習センター所長の林先生。以前にも書きましたが、現役の学生時代にドイツ語を習いました。
 本日は雑談や『ゲーテの恋』のDVD一部鑑賞なども含め、ゲーテの誕生から、疾風怒濤(Sturm und Drang)期、ヴァイマル前期まででした。久しぶりの面接授業なんで、ちょっと眠たくはなりましたが、楽しく受けられました。ウェルテルもちゃんと読んでみようっと。次回は10日にあります。

Was ich nicht erlernt habe, das hab' ich erwandert.
「私は本から学べなかったことの多くを、旅から学んだ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月の大会等備忘録

第6回宝酒造杯広島大会(11/9決定戦) ★参加済
11月3日(日・祝)0845 ホテルグランヴィア広島
●○○●○

定例段位認定大会
11月3日(日・祝)1000 関西総本部

第13回内閣総理大臣杯全国アマチュア団体囲碁選手権大会 大阪大会
11月10日(日)1000 関西総本部

パンダネット月例大会 ★参加済
11月16-17日
○●●●○○●○

第10回寝屋川囲碁将棋まつり
11月23日(土・祝)1000 寝屋川市民会館

囲碁祭りだ♪どんどん打とう!(級位者)
11月23日(土・祝)1230 関西棋院囲碁サロン

第4回忠臣蔵交流囲碁大会 ★参加済
11月30日(土)-12月1日(日) 関西福祉大学
○●○●

個人的に興味のある大会等の備忘録ですので、リンク切れ、リンクミス、誤記等、一切関知いたしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »