« 事件記者コルチャック | トップページ | 11月の大会等備忘録 »

井山大三冠誕生

 井山裕太五冠が昨日の名人戦第五局で山下敬吾名人に勝ち名人位を奪還し、六冠に復位されるとともに史上二人目の大三冠になられました。いやぁ、凄いっすねぇ。昨年結婚されてからどんなけ調子が上向きなんだか。嫁さんかわいいし。
 その井山六冠を破り、NHK杯を連覇し、七冠を阻止し十段位を奪取したのが関西棋院の結城聡十段です。来年の十段戦まで六冠を維持し七冠に挑戦できるのか楽しみです。
 史上二人目ということは、史上初の大三冠は誰かというと趙治勲二十五世本因坊です。昭和58年に史上初の大三冠に輝き、平成8-10年の連覇もあわせ通算4期の大三冠です。鳥の巣みたいなヘアースタイルのファンキーなおじさんに見えますが、化け物、赤鬼ですわ。
 来週から天元戦、王座戦も始まり、秋山次郎九段の初タイトル(七冠での)なるか、興味津津です。

|

« 事件記者コルチャック | トップページ | 11月の大会等備忘録 »

囲碁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523120/58407151

この記事へのトラックバック一覧です: 井山大三冠誕生:

« 事件記者コルチャック | トップページ | 11月の大会等備忘録 »