« 二学期開始 | トップページ | J:COM 関西北ブロック囲碁大会 2012 »

三冊読了?

怪異考・化物の進化 寺田寅彦(中公文庫)
 随筆集等から怪異な出来事や自然現象についての考察を集めた選集。自分の興味のある事柄に特化していたので面白く読めた。後の二冊がちょっと残念だっただけに寺田寅彦の文才が際立ちました。

幾何の発想 矢野健太郎(講談社学術文庫)
 先日、古本屋で入手した二冊のうちの一つ。エジプト、バビロニアからソフィストの三大難問まで図形をふんだんに使っていて、色々と復習できました。後半はちょいときつかった。

数学の歴史 森毅(講談社学術文庫)
 コメンテーターで出ておられた頃はあのグダグダ感が好きだったのですが、文章だと読むのがちょっとね。数学者、哲学者の名前がどんどん出てくるけど、一切説明、注釈なし。誰がどんな論を唱えてその内容も理解していないと読み続けるのは困難。ギブアップcoldsweats01 ま、二冊で600円だったからいいか。

|

« 二学期開始 | トップページ | J:COM 関西北ブロック囲碁大会 2012 »

無撰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523120/55835572

この記事へのトラックバック一覧です: 三冊読了?:

« 二学期開始 | トップページ | J:COM 関西北ブロック囲碁大会 2012 »