« 昨日は心斎橋 | トップページ | 久しぶりのエストレラ »

日食の思い出

 今回の金環日食は(´△`)Zzzz・・・でしたので、昔話などを。
 24年前の1988年3月に小笠原沖の皆既日食の観測をしに、神戸港からツアー船のさんふらわぁに友人たちと乗り込みました。望遠鏡にカメラ、レンズ、保存食料ともう精一杯持ち込んでの船旅でした。なるべく食費を抑えようとしてのことでしたが、結局は食堂で食べるのが一番楽で、半分くらいは持ち帰りました。(笑)
 外洋なんでとにかく揺れました。お風呂の洗い場で体を洗っていると、浴槽のお湯がザバーンとかかって、自動で流してくれるし、浴槽につかっている時は縁をしっかり持っていないとそのまま外へ流されそうになるしで、大騒ぎ。あまりに危険だということで、一日だけのオープンでした。
 二日ほどかかって、父島に到着。半日だけの上陸で、大慌ての観光でした。船は南下して、北回帰線を越え皆既日食帯へ。朝から入念に望遠鏡をセットして、途中でフィルム交換なんてする暇は無いので、ありったけのカメラを手許に置いて日食待ち。部分日食から皆既日食になるあたりで、船が波を受けて、向きが変わって大パニック。どこやどこやの怒号の中、なんとかファインダー内に太陽を捉えて、ワインダーのレリーズを握り締めながら、他のカメラで周りの風景を取り捲り。生涯で一番多く写真を撮った瞬間でした。皆既日食中はほんと、スッと気温が下がるし、水平線まで真っ暗になるし、もう、あの体験をすることは無いでしょう。
 揺れを除いては、結構快適な船旅で、映画(DUNE)の上映会があったり(Sting最高!)、退屈する暇はありませんでした。帰ってから、三日間ほどは目をつぶると地面が揺れる感覚がするおまけ付でした。(笑)
 下の写真は、一緒に行った友人が大口径の望遠鏡で撮影したのをQSLに加工したもので、ダイヤモンドリングが素晴らしい。

Nisshoku1


おまけ:Total eclipse of the heart-Bonnie Tyler(youtube)

|

« 昨日は心斎橋 | トップページ | 久しぶりのエストレラ »

無撰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523120/54776628

この記事へのトラックバック一覧です: 日食の思い出:

« 昨日は心斎橋 | トップページ | 久しぶりのエストレラ »