« 本とのつきあい(活字編) | トップページ | 車とのつきあい »

本とのつきあい(漫画編)

 初めて自分で買ったコミックスは、幼稚園の頃に近所の雑貨屋のスタンドに置いてあった『あばしり一家』です。数巻は続けて買ったように思います。『きっかいくん』や『ハレンチ学園』も好きでしたねぇ。(どんな子供や。)雑誌は主に冒険王を読んでました。

 相前後して、病気で二週間ほど入院したのですが、やること無いし、手持ちの本も読みつくしてしまったので、同室の大人の人の漫画を借りて、『ルパン三世』などなど、大人向け漫画も訳も分からず、読んどりました。そのせいか自分の中でタブーというものが無くなり、内容が面白くて、絵と話がマッチしていれば、ジャンル不問で何でも読むようになりました。

 小学校の中ごろから近所のそろばん・習字塾へ行きだしたのですが、ここは天国でしたね。週刊のジャンプ、チャンピオン、キング、サンデー、マガジンに少女誌も加えて読み放題。学校から帰ると、すぐ塾に行って、漫画を読んで、読み疲れると、そろばんの授業を受けて、また読み耽る日々。『トイレット博士』『暗黒神話』『サイクル野郎』等々書ききれないぐらい濃密な時を過ごしました。また、この時代は貸本屋があって、ここでは主に日野日出志や楳図かずお等のホラー系を借りて読んでました。

 中高の頃は『ドクター・スランプ』『火の鳥』なんかの普通の漫画も読んでましたが、『嗚呼!!花の応援団』や『高校生無頼控』なんてのも読んどりました。たま~に、学習塾帰りに自販機でゴニョゴニョ。

 大学に入った頃はスピリッツの全盛期で、『美味しんぼ』『伝染るんです』『軽井沢シンドローム』『めぞん一刻』『マドンナ』『YAWARA!』と、こちらも書ききれませんね。『じゃりン子チエ』『AKIRA』を読み出したのもこの頃かな。活字と同じく、気に入った作者の作品をどんどん読み進めていくので、際限がありません。今でも好きなのは、『パイナップルARMY』に『MASTERキートン』(完全版刊行中heart02)かな。この人のは原作付きの方が、冗長性が無く読んでて気持ちいいです。

 さすがに今は週刊誌を買うのは止めて、乱、乱TWINS、おまけ付きのときのヤングアニマルぐらいでしょうか。
 単行本も読み返さなくなったら、売払うようにはしてるのですが、増殖が止まらない。本棚をチラッと見ただけで、『ライジングインパクト』『ヒカルの碁』『もやしもん』『大阪豆ゴハン』『誰も寝てはならぬ』『アオバ自転車店』『MASTERキートン』『MIND ASSASSIN』『修羅の門』『修羅の刻』『ちはやふる』『夏目友人帳』『ひらけ駒!』『西遊妖猿伝』『岳』『ベルセルク』『3月のライオン』etc.etc.が、残ってたりします。ま、不治の病ですわ。┐(´-`)┌

|

« 本とのつきあい(活字編) | トップページ | 車とのつきあい »

無撰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523120/53896059

この記事へのトラックバック一覧です: 本とのつきあい(漫画編):

« 本とのつきあい(活字編) | トップページ | 車とのつきあい »