« 宝酒造杯 東京大会(2) 2011 | トップページ | 夏の陣旅行第七弾 »

夏の陣旅行第六弾

 

夏の陣終了まで、あと一月と佳境に入り、今回は車で四国攻略を試みました。
 今回の国盗りになってからは、淡路島と四国には足を踏み入れてなかったので、ほんと久しぶりの海外旅行(お約束)です。
 17日(土)に大阪を発って、淡路島経由で徳島(ポチッ)入り。台風が近づいてきたせいか、風が強かったです。R55の室戸岬経由より、通行量も無く、距離も短く時間の節約になるかなと、R195を選択。途中、もみじ川温泉で一風呂浴びてる内に雨足が強くなり、通行止めの危機?駄目なら引き返せばいいやと、どんどん進んで、幸い、ゲートやバリケードも無く通行できました。那賀川はものすごい流量の濁流で、合流部なんかは大蛇がのた打ち回っているかのようでした。無事に通り抜けて、龍河洞から芸西村を経由して、高知市(ポチッ)に到着。久しぶりの長距離ドライブに疲れて、ぐっすりと眠りました。
 18日(日)は高知市から、中土佐、窪川を通り、四万十川沿いに走り、宇和島へ。こちらも怖いぐらいの水量でした。降ったり照ったりの天気の中、国盗り、絵巻とポチしながら、松山市(ポチッ)入り。逡巡の後、今治経由を決断、ひたすら走り、辺りが暗くなるころに伊予西条へ着きました。四国鉄道文化館でQRコードを読もうとすると、暗くて読み込めない。(笑)予約していた隣接するホテルに慌ててチェックインして、懐中電灯を借りて、無事にポチッできました。閉館後もポスターは外にも掲示してあるので、QRコードは取得可能ですが、明かりが必要となります。夜は当然、四国館祭りw 朝の出発までに、計11回のフル乗車でした。
 19日(月)は四国館を見学したあと、夏の陣四国の最終地である高松市(ポチッ)へ。そのまま、淡路島から帰れば普通なのに、国盗りゃーの性で、徳島から雨の徳島道をひた走り、井川池田で降りて、善通寺から瀬戸大橋を渡って、児島へ。盗り残しの2国を盗ったついでに、倉敷でポチッ。あとは山陽道で帰ってきましたが、ひどい雨で、トラックの後ろに付くと水しぶきでな~んにも見えない。よく無事で帰ってこられたもんだ。3日間で約1300kmの行程でした。

 374国up 勲章:54、密書:300、名声:1245
 淡路守、土佐守、伊予守、讃岐守、阿波守、備前守、左衛門尉、南海探題ゲット~!

 次の日曜に名古屋へ行くので、東海地方攻略予定ですが、水害は大丈夫でしょうか?

20110919_0932
20110919_0928

|

« 宝酒造杯 東京大会(2) 2011 | トップページ | 夏の陣旅行第七弾 »

国盗り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523120/52784023

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の陣旅行第六弾:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/09/21 09:02) [ケノーベル エージェント]
高知市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2011年9月21日 (水) 09時05分

« 宝酒造杯 東京大会(2) 2011 | トップページ | 夏の陣旅行第七弾 »