« 囲碁サロンで碁会 | トップページ | 級位認定大会 »

宝酒造杯 東京大会(1) 2011

 14日(土)は第4回宝酒造杯クラス別チャンピオン戦東京大会(1)に京都と同じく、級位戦2、8級で参加してきました。東京での全国大会のチケット目指して、東京へ夜行バスまで使って行くんだから、本当に* ゚・*:.。.:*・゜+ d(*´∀`)b あほです +.:*・゜゚・*:. *
 金曜夜に関西棋院での教室が終わってから、飯食って、梅田のスカイビルから出発。結構値の張るシートにしたけど、寝たのか寝てないのか、よく分からない中途半端な状態で新宿に到着。コーヒーショップで一服してから、市ヶ谷へ向かいました。
 全体で約700名、級位戦2は約70名の参加で七階の対局室で行われました。

 一局目:互い先黒番、初戦なので緊張しましたが、死活がちょっと怪しい方だったので、中手で三箇所ほど殺せて勝てました。happy01
 二局目:先黒番、お互い三連星から広げ合って、接点から切り違いになって戦いが始まって、これもお互いに死に石が出来たのですが、コウ争いに発展。コウに勝った後も侵食を続けていたら、死に石も復活して、勝つことができました。happy01

 昼休みに二階の売店でうろついていると、大会でよくお会いする『ご近所』の女性とばったり。!(・oノ)ノ お互いに「こんなとこで何してますのん。」と、突っ込み合ってリラックスできました。夜行バスで往復だそうで、上には上がいるもんだ。

 三局目:互い先黒番、強そうな雰囲気の矍鑠としたご年配の方だったので、内心はビクビクものでしたが、無理手ばっかり打ってこられるので、ありがたく殺させていただきました。カス石は動いちゃいかんです。happy01
 四局目:三子白番、あれこれやっても足りないので、少しでも相手の地を減らそうとしたところ、受け間違いをされて、団子石になればいいやと思っていたのが、打って返しになって取れてしまいました。付随する大石も芋蔓式に取れたので、一目、二目の石はどんどん捨てて、がちがちに守って勝ってしまいました。coldsweats01
 五局目:先黒番、強気でぐいぐい押してこられるかと思うと、こちらの強引な手には弱気で謝ってこられる掴み所の無いような感じで、ちょっと形勢が悪いかなと打ち込んだ石が、小さく生きるどころか、あぐらをかいて、布団を敷いて居直って、本体ともつながる事が出来てしまいました。並べて11目勝ち。やはり、つながって地を削れたのが大きかったかな。happy01

 ようやく、初めて、やっと五連勝できました。東京大会なので代表決定戦は無く、もう一人の方とともに代表になって、秋の全国大会の切符を手に入れました。\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
 先の京都大会で宝酒造の会長さんと当たって打てたのが、吉兆だったのでしょうか。
 表彰式では賞状、トロフィー、白壁蔵アンティークボトル2.0Lをいただきました。高尾九段も間近で見れたし、もう最高!

普通の大会と変わらない料金で、お弁当に参加賞も付いて、ホットコーヒーは飲み放題、試飲もできて、詰め碁クイズには焼酎ハイボールが付いてくる。入賞者には豪華賞品!
よっ!宝酒造、太っ腹!!

 名古屋、大阪、岡山は級位戦1で頑張るぞっと。

 荷物になるので、別便で送ってもらったのが届きました。

Takara4sho

Takara4sake

|

« 囲碁サロンで碁会 | トップページ | 級位認定大会 »

囲碁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523120/51678689

この記事へのトラックバック一覧です: 宝酒造杯 東京大会(1) 2011:

« 囲碁サロンで碁会 | トップページ | 級位認定大会 »